IMPROVEMENT地盤改良

地震に強く、液状化しない家づくり

大切なあなたの土地(地盤)大丈夫ですか?

急激に増加した欠陥住宅。その原因の中には、軟弱地盤に建てられたことによるものだという実例が数多くあります。日本の国上は他国に比べ、軟弱地盤が多いと言われており、宅地として利用できる上地は決して多くありません。

ところが、住宅事情の変化にともない、軟弱地盤にも人工的に手を加え、宅地として利用するようになってきたのが地盤事故の原因と思われます。まして地震大国日本。このような軟弱地盤の上に家を建てるのは、不安の上に家を建てるようなものではないでしょうか。

近年発生した地震による地盤事故や家の破損事故、このような事故の中には、適切な地盤補強や改良を施していれば防げていた事故も数多くあったと思われます。

地盤で起こる問題とは?

地盤の大敵、液状化

液状化とは、細かい砂が緩く積もった地盤に起こる現象のことで、砂が、地震などで圧力の強い水に押し上げられ、支持力がなくなり、液体に近い状態となることで、このときに水と一緒に細かい土粒子を持ち出すため地盤沈下が起こります。

火事より怖い不同沈下

軟弱な地盤や、盛土地盤などで、地盤が徐々に沈下してその上の建物が地盤に追随して傾くことがあります。このような現象を不同沈下と言います。また、地盤補強・改良をしても、不同沈下等による地盤事故が発生してしまうケースも数多くあります。

地震より怖い大雨の地盤災害

大雨による地盤の緩みや土砂崩れ、雨の多い時期になるとよくニュースで知る事が多くなりますが、これも他人事ではありません。 新しい住宅造成地や高い盛り土をしている場所。また、傾斜状の宅地などでは、その水量により地盤の緩みや沈下などをおこす割合が多くなります。場所と環境によっては地震より怖い存在かもしれません。

HySPEED工法で問題解決

HySPEED(ハイスピード)工法とは?

既存の工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、地盤の支持力を高める工法です。

HySPEED工法の特長

地震時の衝撃に強い砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。
環境貢献工法天然の砕石しか使わないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。
産廃費用が発生しない産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。
リユースで地球に貢献将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。
液状化対策工法地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により抑制します。
パーフェクトな工事保証日本大手保証会社の認定工法です。
CO2を5000kg削減砕石しか使わないことにより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。
無公害工法今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工が出来ます。
遺跡になる工法セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

新技術「ピストンバルブ」搭載!

新技術のピストンバルブ(先端ドリル部分)で施工材(砕石)を突き固めます。ピストンバルブのハンマー転圧機能により、従来の施工時間を大幅に削減します。

砕石パイル施工後は基礎工事へと、すぐに取り掛かれます。

※基礎工事は地盤改良部分の強度試験後となります。

砕石パイル形成

① HySPEEDドリル(直径400mm)により地盤を掘削
② 天然砕石(直径20~40mm)を投入
③ 砕石厚30cm程度にハンマー転圧(ピストンバブル)をして、十分しめ固めしながら地表まで砕石パイルを構築します。

締め固めの効果は、一般的に直径400mmで掘削したものに直径450mm分の砕石を使用し、掘削壁にその砕石を食い込ませ、砕石パイル周辺に圧密を促進します。

HySPEED工法の強度

100年に一度の大雨と、大地震を想定した強度があります。十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、岸壁で大きな被害が発生しましたが、砕石を使った地盤改良では大きな被害はなく、現在の工法の中では最適とされています。

地震の時、家の揺れ方と地盤の揺れ方に違いがあり、杭はその変化に耐えられないこともあるが、砕石パイルはもともと固まっていないため、地盤の揺れに追随して、地震の揺れによる強度低下をやわらげる効果があります。

間隙水圧を消散しながら、砕石パイルとその周辺の圧密効果により液状化を抑制します。

※掲載図はすべてイメージです。

建築技術性能証明

新技術のピストンバルブ(先端ドリル部分)で施工材(砕石)を突き固めます。ピストンバルブのハンマー転圧機能により、従来の施工時間を大幅に削減します。

砕石パイル施工後は基礎工事へと、すぐに取り掛かれます。

※基礎工事は地盤改良部分の強度試験後となります。

NETIS 新技術情報提供システム

新技術情報提供システム(NETIS)とは、「公共事業等における技術活用システム」によって蓄積された技術情報のデータベースで、 直轄事業及び補助事業に係わらず公共工事に活用できる技術を可能な限り網羅したものです。

※平成19年9月登録済み

地盤保証会社認定取得

ジャパンホームシールド(株)、シールドエージェンシー(株)、(社)住宅構造・基礎・地盤保証支援機構(ハウスワランティ)、(社)住宅技術協議会の認定を取得しています。

特許

「地盤補強工法」として平成20年8月特許取得済み。

公開番号:特開2008-196249
登録番号:特許4373451

HySPEED工法【公式HP】

公式サイトでは、より詳しい内容をご覧頂くことができます。

詳しくは下記のリンクより公式サイトをご覧ください。