CONCEPTコンセプト

casaの家とは?

家づくりにとっての成功と失敗。様々な見方はありますが、ひとつは自分達にとって価値のある家を建てる事が出来たかどうかという見方ができないでしょうか。

住まいの選択肢には、注文住宅・建売住宅・中古住宅・新築分譲・中古マンションなどがありますが、その中でも、戸建住宅を選ぶ人の多くが理想とする「注文住宅」。つまりフルオーダーで建てる一品生産の家。

「世界にひとつだけの自分だけの住まい」 というのもひとつの価値観だと思います。ただしデメリットが無い訳ではありません。

注文住宅を建てて、後悔している人が意外に多い。

「自分達が思い描いた、理想の家を建てる事ができる」はずの注文住宅。

間取り、設備、材料と何でも自分で決める事が出来る分、どの材料が良いのか?、予算配分はどうしたらいいのか?性能はどの程度が良いのか?家を建てるための土地を探さなければならない、など色々迷ってしまい、かなりの労力と時間を費やします。

さらに、実際に建った完成品を見ている訳ではないので、いざ完成し住んでみたら、「使い勝手が悪かった」 「こうしとけば良かった」と後悔している人も意外に多いのです。注文住宅を、洋服に例えるなら「フルオーダーでつくるスーツ」みたいなものではないでしょうか。既製品に比べて、自分好みに造れる反面、オリジナルが増えれば、それだけ価格にも反映されてきます。

注文住宅というカタチの見えない買い物をすることに、期待を膨らませるのか、不安と感じるのか、皆さんはどのようにお考えになりますか?

既存の建売住宅には満足できない人も多い。

そして、住宅会社などが考えた規格住宅が、いわゆる「建売住宅」ということになります。

建売住宅は「実際に完成したものを見ることが出来る」「規格化されているので、価格が注文住宅より安価」「希望の立地であれば、土地探しがいらない」などのメリットがありますが、実際に建売住宅を見た人の中には、魅力を感じない人がとても多いのです。

それは、建売住宅の多くが「売る」ことを目的として、価格面ばかり重要視するあまり、間取り・性能・材料・設備・デザインなどのクオリィティが低い建売住宅が多いからではないでしょうか。

casa series(カーサシリーズ)は 「後悔しない家」 である。

そこで私達は、「いいものをいかに手の届く価格で提供できるか」というモノづくりの原点に立ち返り、従来の家づくりのプロセスを見直す事で、注文住宅でも建売住宅でもない、新たな住まいの選択肢を提案致します。

それが「casa の家」です。

洋服に例えるなら、フルオーダーの洋服は魅力的ですが、価格が高いため、なかなか手が出ません。出来上がってきた洋服が、思っていたイメージと違う場合もあるかもしれません。既製品の洋服は、事前に試着することが出来ますが、なかなかデザインや素材が気に入るものが見付からなかったり、サイズが合わなかったりと。そこで考えられたのが「セミオーダー」という価値です。

ある一定の制約の中で、創作していくことで、価格を抑える事ができ、自分達のこだわりをプラスしていける方法。例えば、シャツの襟のカタチを変えたり、ボタンのデザインを変えたりするように。この考え方は、住宅にも同じ事が言えるのではないでしょうか。住まいとしての完成度が高く、実際に見て確認することが出来て、手の届く価格の住宅があれば、フルオーダーの注文住宅よりもセミオーダーの商品住宅を選ぶのではないでしょうか。

つまり、casaの家は「後悔しない家」とも言えます。

「casaの家」は、私達が今まで手掛けた多くの建築から学んだ情報を整理、とことん吟味し、多くの方が心地良いと思える住まいを、高い品質・性能・手の届く価格で提供するために考えられた、新たな家づくりの試みです。

そのキラリと光る個性、そして完成度を是非ご体感ください。