Tel

和室の名称と基礎知識

日本で歴史のある和室について実は様々な名称があります。

歴史がある以上何か理由があって日本の住宅に根付いたものです。

この歴史を知ることで新築の家のアイデアが出てくるかと思います。

その名称を知ってより良い家のイメージを固めていきましょう。

フローリングの普及に押されて、一時期は存在の危機にさらされてきた和室ですが、ここへきて再度注目されてきました。ゆったりとごろ寝したり、日本家屋の風情を取り込んだりと、洋室にはないリラックス効果が見直されてきているからです。

そこで、和室の基礎知識や名称、和室のメリットとデメリット、洋室と上手に組み合わせておしゃれな和室をつくるコツなどを解説します。

和室の基礎知識と名称

和室=畳のある部屋、と考えている方も多いかもしれません。ですが、和室は日本の伝統的な様式の部屋のことですので実際には畳の他にも様々な構成要素があります。

和室の名称

・床の間

掛け軸や花・置物などを置く、座敷飾りのひとつです。全体の印象を左右するため座敷の顔と言われます。床の間には「床柱」と呼ばれる化粧柱があり、この床柱にどのような木材を使うかも和室の印象が大きく変わるポイントです。

・鴨居/敷居

障子や襖などの建具の上に造られる横木です。上部にあるのが鴨居、下部にあるのが敷居となっており、障子や襖をはめ込む溝が入っています。

・欄間

長押や鴨居の上に設置されます。透かしや格子彫りの装飾板をはめ込み空間を緩やかに仕切り、通風や採光を兼ねた装飾です。

上記のほかに、襖や障子が使われているのも和室ならではの特徴です。障子は空間を仕切りながらも光が透けるため、部屋全体を明るくしてくれます。また、襖や障子はスライドで開閉するため、ドア周辺のスペースを有効に使うことができるのも洋室にはないポイントですね。

和室の名称:縁側とは

縁側は天気のよい日は軒先で日なたぼっこをしたり、庭の景色を眺めながらお茶を楽しんだりなど、日本では古くから団らんや憩いの場として親しまれています。玄関付近に縁側がある住まいの場合には、ベンチのように座って会話をしたり、来客スペースとして近所の人たちとの気軽なコミュニケーションスペースとして大活躍します。

また、縁側と庭を使ってバーベキューや焼き芋をしたり、猫や犬などのペットと触れ合ったり、気分転換にからだを動かしたり、子どもにとっては格好の遊び場になります。さらに春は縁側から庭の花や木々を眺めたり、夏は縁側に座って花火で遊んだりするのもいいでしょう。秋のお月見や冬の雪見など、縁側は庭を眺めるのにちょうどいい場所であり、風を感じて四季を楽しむのにぴったりなスペースです。

ほかにも梅雨の時期や雨風の強い日には、洗濯物を干すのに大変便利です。外に干すのと違って、外出時に急に雨に降られても濡れる心配がありません。洗濯を干して障子を閉めれば、外部からの目隠しもでき、急な来客対応にも最適です。

このように便利で使い勝手のいい縁側は、コミュニケーションスペースをはじめ、あらゆる活用が期待できる場所なのです。

縁側を設置する欠点は?

縁側を設置するには十分なスペースが求められ、縁側に合った広めの庭をつくるとなるとさらに土地が必要になります。そのため、縁側を設置するにはある程度の土地が必要であり、土地代や固定資産税などのコストがかかります。

庭を眺められるように縁側を設置した場合、庭の定期的な手入れが必要です。せっかく縁側から庭の風景を眺めても、庭の草木が生い茂って荒れ放題になっていたり、逆に枯れ果てていたりしたらよさが半減してしまいます。ガーデニングなどが趣味ならいいですが、草木は定期的な手入れが必要なため、手間や費用がかかることをあらかじめ頭に入れておきましょう。

縁側は部屋と庭をつなぐ空間であり、近所とのコミュニケーションスペースとして使いやすい場所です。しかし、その分、防犯面がおろそかになってしまうことも。そのため、縁側をつくる際には、防犯やプライバシー保護の面から道路や近隣から内部の生活や暮らしがさらされないように壁をつくったり、設置する場所を工夫したり、防犯対策のされた窓やドアを使用するなど、十分な対策が必要です。

和室の名称:長押とは

住宅の座敷において、鴨居(かもい)上部四周に取り付けられる化粧材で、「内法(うちのり)長押」を指すことが一般的です。長押を設置する場所でいくつかの名称があり、柱の最下部の「地獄長押」、窓下の「腰長押」、天井と内法材との間に取り付ける「蟻壁(ありかべ)長押」、天井廻り縁の壁の下に付ける「天井長押」などがあります。

一般の木造住宅では、和室の減少とともに伝統的な長押の出番は非常に少なくなっていますが、社寺建築、歴史的建造物の改修などでは今も大型の長押が使われます。現在進められている東北地区の歴史的建造物の城門改修では、栗の5㍍長、40×20㌢(粗挽き)長押が使われるそうです。

長押蓋(なげしぶた)
台形に長押挽きされた内法長押の上部と壁仕上げとの間にできた隙間をふさぐために、長押上部内側にはめられる小板です。

長押挽き(なげしびき)
製品が台形になるよう製材することで、放射状に木取りすると製材効率がよく、柾目材をとりやすいといわれます。

和室の名称:床の間とは?

昔ながらの家や田舎にある大きな一軒家など、いわゆる日本家屋にはほぼ床の間があります。たとえば、和室などの部屋に掛け軸をかけるスペースや、壺を置くようなスペースがある部屋がありませんか。

もしくは、そのような部屋を見かけた覚えはないでしょうか。床の間とは、そういったスペースのことを言います。床とは、座る場所や寝る場所のことを指し、殿様など身分の高い人が座る場所を一段高いところにしていたのが始まりと言われています。

現代でも床の間は板の間など、名前や形を変えて残っています。
モダンな和室にする場合でも本格的な床の間ではなくてもフローリングを貼ったスペースがあったりします。

しかし、床の間の起源については諸説あり、仏壇などの形式が変化してできたものという説もあります。床の間以外にも、床の間の片方に立つ化粧柱を床柱、床の間に張る板や畳のことを床板や床畳と呼びます。

床の間はお客様をもてなすための部屋にある

床の間はお客様をおもてなしする最上の部屋にあり、床の間を背にする人が最も身分の高い人と言われています。江戸時代のころに、領主など自分よりも身分の高いお客様を迎え入れるために庶民の家にも床の間が作られるようになってきました。

床の間に装飾を施すことにより、自分の権威を演出していたそうです。時代の流れとともに目的は変わり、旅館などでよく見かけるような、掛け軸や生け花などが飾られたお客様をもてなす部屋という位置づけになってきています。

床の間の上座を間違えないようにしよう

上座、下座という言葉を聞いたことがあるでしょうか。上座とは最も良い席ということで、下座はその逆です。目上の人や来客を招待する場合は、上座に座ってもらうよう案内するようにしましょう。

基本的には、床の間に一番近いところ、出入り口から遠いところが上座になります。ただ、出入り口の横などに床の間がある場合は、出入り口から遠い席が上座という考え方になりますので注意しましょう。

代表的な床の間の様式を確認

和室の歴史は、時代とともに変化し、大きく3つに分けることができます。

1つ目は、自然との調和を重視した、上品さや繊細さが特徴の平安時代の寝殿造り。

2つ目は、襖や障子などの間仕切りが発達し座敷などが誕生した、室町時代から江戸時代初期の書院造り。床の間も書院造りから生まれたと言われています。

3つ目は、デザインを工夫した襖や障子など、職人の技術が表現されている江戸時代以降の数寄屋造り。有名な和室や床の間を見たときにいつの時代の様式を採用しているのかなど考えるのも楽しみのひとつでしょう。

和室の名称:障子とは?

障子の歴史

木枠に紙を貼り付けた障子は、日本固有の建具です。その歴史は古く、遡れば平安時代にはすでに存在していたといわれています。現在使われている障子は、寝殿造り(貴族の邸宅)の外回りに使われていた、遣戸(やりど)が原型だとされています。

当時は襖や引き戸、屏風なども含めて「障子」と呼ばれていました。それが平安時代後期に現代の障子に繋がる「明障子」が作られるようになり、襖とは明確に区別されるようになったのです。

室町時代になると書院造り(簡素な武家屋敷)に障子が使われるようになり、生活のなかでも一般化しました。障子紙が書院紙とも呼ばれているのは、書院で使われていたころの名残だといわれています。

さらに江戸時代に入ると組子に工夫を凝らしたものが作られるようになり、さまざまな種類の障子が生み出されました。

障子の役割

もともと、障子は扉や窓の代わりに使われる建具です。ガラス窓のない時代に生まれた明障子は、寒さや風、外部からの視線を防ぎながら室内の明るさを確保できる、画期的なものでした。和紙は光を均一に拡散する性質があるため、柔らかく優しい光は和室に調和し、穏やかな室内空間を演出します。

障子紙に使われている和紙は、保湿性や通気性にもすぐれた素材です。障子の開け閉めで室内の保温効果を高めることもできます。

この障子の明るさを保つために、昔の人は年末の大掃除などには毎年障子の張り替えを行ってきました。

腰板障子

腰板障子とは、障子の下部に腰板と呼ばれる板が張られている障子のことです。この腰板に彩画が施されている障子もあります。最近では、木目が綺麗な天然木材や、それを模したものを描かれた腰板が多いです。

また、「腰高障子」という雨を避けるために高い位置に板がある障子もあります。住宅や部屋にあわせて選べます。

雪見障子

雪見障子とは、戸枠の一部をガラスにした障子のことです。室内から庭の雪を見るために、作られたことから「雪見障子」と呼ばれるようになりました。

戸枠の一部にガラスをはめ込み、小障子を上げ下げして、外の景色を楽しめます。

猫間障子

「猫間障子」とはその名のとおり、戸を閉めたままでも猫が自由に出入りできるように工夫された障子です。諸説ありますが、本来は中窓に左右引き分けの小障子を付けたものが「猫間障子」と呼ばれていました。

なかには一部にガラスを埋め込み、ガラスを上下左右に動かすことで、猫の通り道ができる障子もあります。

荒間(あらま)障子

ひとつの組子が大きく作られている障子です。「荒組障子」とも呼ばれています。デザインがシンプルなため、どのような部屋にも合います。一般的な住宅に使われているタイプです。荒間障子の組子は、縦6マスの作りが一般的です。

縦繁障子

縦方向にたくさんの細長い組子が並ぶ障子です。組子が縦長を強調することで全体の見た目がすっきりして、室内がスマートに引き締まります。

横繁障子

縦繁障子が縦方向に細長い組子が並んでいるものなら、横繁障子は横方向に細長い組子がたくさん並ぶ障子です。横繫障子は関東で使われることが多く、一般住宅のほか、書院や茶室、寺院などでもよく使われています。

和室について注意しておきたいデメリット

市松模様に敷かれた琉球畳がスタイリッシュな和室

和室の床部分は畳です。畳は傷がつきやすく、時としてカビ・ダニの温床となることがあります。高温多湿な日本の気候では神経を使わなければならない部屋となってしまうこともあるのです。

また、和室にしつらえる建具(ふすま・障子)は和紙で作られていますので、定期的に張り替えなければなりません。特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭なら、破られてしまった障子の手入れはとても面倒な作業になるでしょう。

親御さん用の部屋として和室をつくっても、将来的に布団ではなくベッドでの生活が楽になったとき、和室から洋室へのリフォームが必要になることも考えられます。

style casaが思うこと

いかがでしたでしょうか。コツをおさえれば、和室と洋室を上手に組み合わせたおしゃれなマイホームも夢ではありません。ぜひ、和室や畳の基礎知識や名称を踏まえて、和室の良いところを最大限に取り入れた理想の家つくりの参考にご覧ください。

和室の名称と歴史について少し知れたかと思います。

この知識が家づくりのヒントになるかでしょう。


New!
最新の記事

Tag list
キーワードから探す

Category list
カテゴリー一覧