Tel

蕎麦のはなし

   

こんにちは。

今回は、私の大好物である「蕎麦」のはなしです。

    

    

シンプルで素朴な味で、日本人に親しまれている蕎麦ですが、

歴史を辿ると、今から約9000年も前から食べられているそう。

現在、西暦2021年で…さらに7000年も前…イメージもつかないですよね。

    

江戸時代の頃は、町の1ブロックに1軒のお蕎麦屋さんがあったとされるほど

永い間、日本人から愛され続けている「食」なんです。

    

    

職人さんの手からつくられる「手打ち蕎麦」。

機械で打つ蕎麦よりも、香り・風味・喉越しがいいのが、手打ち蕎麦の魅力です。

    

現代は著しいスピードで進化を続けながら、環境変化とともに人々の暮らしも変わり続けています。

その中でも、「手仕事」の良さは未だに受け継がれているのです。

    

    

私たちが考えている家づくりも同じです。

住まいは、工場で大量生産された「箱」ではなく、

消費されていく「モノ」でもありません。

住まい手のこれからの「暮らし」を建築家、スタッフ、職人さん、

その住まいに関わるみんながひとつひとつ丁寧に考え、

住まい手の「想い」をカタチにしています。

    

    

Sugegaya